top of page
待合室

診療案内

- Medical -

Medical

診療案内

保険診療

内科・循環器内科・小児科

当院では、呼吸器疾患、消化器・肝臓疾患、循環器疾患、糖尿病、腎臓疾患などの診療を行っております。専門的な精査加療が必要とされる患者さんに対しては、地域連携のもと速やかに連携病院へご紹介させて頂きます。不眠や検査結果に異常のみられない不定愁訴に対しても、食生活や生活習慣を聞き取り、食事のアドバイス等を行っております。

また、認知症サポート医として、認知症患者様の診療も行っておりますのでお気軽にご相談ください。

在宅医療

往診や訪問診療を行っております。通院が困難になられた患者様や、最期の時をご自宅で過されたい患者様等をご自宅で診療しております。

在宅療養に関しまして、何かお困りごとがあれば、お気軽にご相談ください。

検査

​<検査例>

一般採血、尿検査、レントゲン検査(胸部・腹部)、骨塩定量検査(中手骨X線)、心電図検査(12誘導、ホルター心電図)、超音波検査(心臓・腹部・頸動脈・甲状腺等)、ABI/CAVI(血管年齢検査)、スパイロメーター(呼吸機能検査)、メドトロニック社のペースメーカーチェック等。

各種検診・ワクチン接種

特定健診、後期高齢者健診、がん検診(大腸がん・前立腺癌)、肝炎ウイルス検診、骨粗鬆症検診、雇入時健診等に対応しております。

また、各種ワクチン接種を行っておりますので、ご相談ください。

栄養外来

栄養外来(自由診療)

分子栄養学の知見に基づき、栄養療法を中心に行なっています。体調不良の根本原因を探るため、詳細な問診を行っております。通常の採血結果に加えて、個別化医療のために、必要に応じて保険診療外の検査をおすすめし、栄養の改善、腸内環境改善、必要に応じてデトックスなどを行っていきます。

慢性疲労、精神神経疾患、発達障害、不眠、うつ、アレルギー疾患、自己免疫性疾患等の患者様に栄養バランス、ホルモンバランス、神経伝達物質のバランス、腸内環境、炎症、カビ毒、重金属に蓄積等の検査を行い、対策していきます。

料金表
通常
料金

初診(約40分)

10,000円

再診(約30分)

7,000円

カウンセラーによる栄養・生活指導など(約45分)

6,000円

初診

当日の問診及び問診票のご回答内容より必要な検査を御提案致します。下記の問診票をプリントして頂き、ご利用下さい。人間ドックや健診、その他の検査結果をお持ちの方はご持参下さい。初診時にカウンセラーによる栄養・生活指導を致します。

再診

再診時は問診、初診時の検査結果の説明等をいたします。検査結果に応じての栄養アドバイスを致します。

セット
​料金
​診察1回目

・問診

・採血58項目

・栄養カウンセリング

診察2回目(約1ヶ月後)

・問診、検査結果説明

・採血結果解析レポート

・栄養カウンセリング

​診察3回目

・栄養カウンセリング

・問診

※1年以内

47,000円

​=
各種検査

各種検査は別途費用が掛かります​。(価格は変動するため、お問い合せください

採血検査セット

採血セットの項目内容(58項目)

WBC、RBC、血色素量、ヘマトクリット、MCV、MCH、MCHC、血小板、網状赤血球、白血球像

Fe、UIBC、フェリチン

T-cho、HDL-C、LDL-C、TG、FFA

GOT、GPT、γ-GTP、ALP、T-BIL、D-BIL、LDH、ChE、TP、アルブミン、A/G比、蛋白分画、BUN、Cre

Na、K、Cl、Ca、P、 Mg、CPK、UA、AMY、CRP

亜鉛、銅、葉酸、無機燐、BS、HbA1C、1,5AG、グリコアルブミン、インスリン


ヘリコバクタピロリ抗体、

ペプシノーゲンⅠ、ペプシノーゲンⅡ、ペプシノーゲンⅠ/Ⅱ比


TSH、FT3、FT4
ホモシステイン

セルロプラスミン

ビタミンD(25 OH-D)

尿一般

料金

26,000円

唾液コルチゾール検査

コルチゾールというホルモンは腎臓の上にある副腎の副腎皮質と呼ばれる外側の部分で産生されています。

コルチゾールはストレスに対抗するホルモンです。コルチゾールの分泌量には日内変動があり、起床時が最も高く、その後徐々に低下し、就寝時には一日で一番低い状態となります。

低血糖時やストレスが多い状態では、コルチゾールが多く分泌され、何度も繰り返されると副腎が疲労していきます(副腎疲労)。

この検査は唾液中のコルチゾールを1日4回計測し、コルチゾール日内変動をみる検査です。

料金

30,000円

(コルチゾール+DHEA/DHEA-Sの場合、37,000円)

毛髪ミネラル検査

毛髪中に含まれるミネラルや重金属を測定する検査です。毛髪は人間の重要な排泄経路のひとつです。血液中のミネラルバランスは自動的に調整されているため、体内蓄積量を正確には反映しません。

その一方で、体内のミネラル類は、血流を通じて毛髪に移行しやすく、毛髪は体内のミネラルバランスの傾向をみるのに最適な検査といえます。毛髪の根元から1cmごとに1ヶ月分のミネラル状態を表していると言われ、有害重金属、必須ミネラルの排泄量を測定することで、有害重金属の排泄能力、ミネラルバランス、ミネラルの輸送障害があるかどうかがわかります。

有害重金属とは、水銀、アルミニウム、カドミウム、ヒ素、鉛、ニッケル、ベリリウムなどがあります。必須ミネラルとは、人間にとって必要不可欠なミネラルのことで、カルシウムや、マグネシウム、亜鉛、銅などのことです。

有害重金属は食事、水、空気、日用品などから体内に取り込まれ、多彩な症状を引き起こし、老化や体調不良、様々な病気の原因になります。当院では、尿や毛髪検査を用いて重金属の蓄積やミネラルのアンバランスを測定しています。

水銀に関しましては、何から摂取したか、身体への負荷、排出能力が分かるトリマーキュリーテスト(Mercury Tri-Test)をお勧めしています。

料金

23,000円

水銀トリマーキュリーテスト

検体として尿、毛髪、血液を用いるQuicksilver Scientificの水銀トリマーキュリーテストは、毛髪ミネラル検査のみでは分からない、何から水銀を摂取したか、身体への負荷、排出能力等が推測できる検査です。デトックスを行う上で、とても役に立ちます。

料金

55,000円

有機酸検査

有機酸検査は、少ない負担でとても多くの情報が得られる、栄養療法における最初のスクリーニング検査としてとても優れた検査です。朝一番の尿を摂るだけで74項目もの様々な栄養と代謝のプロフィールを見ることができます。

料金

50,000円

GIMAP

最新の研究では、腸内環境が糖尿病やがん、うつ病、アレルギー疾患、自己免疫疾患、認知症など様々な疾患に関係することが分かってきています。特に腸内細菌叢は、消化機能、免疫機能、代謝機能、神経内分泌機能などと深く関わっています。

既存の便検査として、顕微鏡検査や便培養検査では感度や特異性、嫌気性菌の識別などに限界があります。

定量的ポリメラーゼ連鎖反応(qPCR/リアルタイムPCR)​技術を用いたGIMAPは、様々な病気を引き起こしたり、慢性的な胃腸疾患の原因となりうる細菌、寄生虫、ウイルス等の病原体を、1回の採便から消化管内の微生物叢DNAを定量的に評価しする検査です。

料金

70,000円 GIMAP+ゾヌリンは80,000円

sd LDLコレステロール(超悪玉コレステロール)

悪玉コレステロール(LDLコレステロール)の他に、小型の超悪玉コレステロール(sd LDL)がある事が近年明らかになりました。超悪玉は悪玉より小さく、血液に留まりやすく、血管壁に入り込みやすく、有毒化しやすいため、sd LDLコレステロールが多いと動脈硬化を起こしやすいと考えられています。

こんな方におすすめの検査です。

  • 血圧や血糖の高い方

  • 脂質異常症で治療中の方

  • 冠動脈疾患や脳血管障害の既往歴や家族歴がある方

  • LDLコレステロール値が高めで経過観察中の方

  • HDLコレステロール値が低い方

料金

5,500円

ビタミンD(25OHビタミンD)

ビタミンDには様々な生理作用と薬理作用がある大切な栄養素ですが、日本人の98%はビタミンD不足であると推測されています。またビタミンDは「骨の成長と発達を促進(骨粗鬆症予防) 」「免疫調整(コロナ インフル予防効果)」「うつ病や認知症の予防」「血圧・血糖コントロール」「腸内環境の悪化予防」等々の働きがあるとされています。

料金

4,700円

高濃度ビタミンC点滴

初回のみG6PD検査(5,500 円 (税込))が必要です。この酵素がない方は高濃度ビタミンC点滴を受けることができません。

料金

bottom of page